2016年02月


皆さんこんにちは。
東谷です。
 
突然ですが!皆さんの地域には四季を感じる色ってどんな色がありますか?
一般的に四季の色は4色で表しますが・・・
実は、阿蘇にはこの四季の色が5色あるんです!!
阿蘇の四季の色は、春は桜やミヤマキリシマの桃色、夏は新緑の緑色、秋は紅葉の橙色、冬は雪の白色。
そして!!阿蘇でしか感じることができない色!
それが!野焼きの黒色です。
まさに今!阿蘇はこの黒色に染まっています!
イメージ 3
さて、先日このブログでもご紹介しましたが、道の駅と阿蘇グリーンストックが開催した、阿蘇の宿泊施設に宿泊されたお客様を対象とした野焼き見学ツアーに私も行ってきました。
ツアーでは、普段入ることができない牧野の中で、草原や野焼きについて説明があった後、野焼きを見学しました。
私は、何回か野焼きを見たことがあったんですが、普段見ることができない距離で見た野焼きは、迫力満点でした。
特に数十メートルの壁を作った炎が波の音を立てながら丘を登る迫力に目を奪われてしまいました。
イメージ 1
すげぇー!やばい!という言葉しか出ませんでした()
やっぱり阿蘇ってすげぇーとあらためて思っちゃいました()
来年もこのツアー開催する予定ですので、皆さんも是非参加してくださいね!
イメージ 2
さてさて、阿蘇のすばらしさは、野焼きだけじゃありませんよ!
最初にお話ししたように、阿蘇は、今真っ黒に染まっています。
4月になると徐々に新緑が芽生え始めるので、今の時期しか見ることができませんよ!!
皆さん、阿蘇に来るなら今でしょ!(古(~o~)
 
皆さんのお越しお待ちしております。

道の駅阿蘇
NPO法人ASO田園空間博物館


皆さまこんにちは!藤本です!お久しぶりですね!
今日は我らがラシドさん(バングラディッシュスタッフ)についてお話したいと思います。。。
というのも実は今日がラシドさんの最後の出勤でした。この春晴れて大学院を卒業し、バングラディッシュへ帰ってしまうのです…


思えば、実は彼が外国人スタッフの第1号でした。私たちスタッフもどう対応していいか悩みながら一緒にスタートしましたので、彼も戸惑うことが多かったのではないかと思います。そんな中、時には激しい討論(笑)をしながら一緒に頑張って
きました。ラシドさんのいいところは私たちに「こうしたらもっと良くなるんじゃない?」と提案してくれるところです。その提案は中々的を得ていて助けられたことが何度もあります。
日本語はまだまだお勉強中でしたが、「英語なら俺に何でもまかせろ!」と自分で阿蘇についてリサーチし、地域散策イベントで留学生を招待した際にはしっかりとガイドしてくれました。
今日はしんみりと色んな話をしましたが、ラシドさんはまさか日本に勉強しに来て、こんな風に日本で働けるとは夢にも思っていなかったそうです。そして、道の駅阿蘇で働く皆はバングラディッシュの働き方とは全然違い、皆が自分の町を好きで、自分の仕事に誇りを持っていると感じられる働き方だったと言っていました。ありがたい言葉です。阿蘇のことも更に大好きになったそうです。この事はバングラディッシュに帰って皆に話すよ!と言っていました。これが私たちが外国人スタッフに働いてもらうということの1番の目的でしたので嬉しい限りです。
最後にラシドさんに1つ宿題を出しました。それは阿蘇の魅力について、バングラディッシュの皆さんにたくさんお話すること。
 
今彼はここで2年間働いて、阿蘇の良い所をたくさん知っています。きっと阿蘇の魅力を多くの人に発信してくれることと信じています。
ラシドさん、お疲れさまでした!
また会いましょうね!
 
そして!
来週からは中国の方が新しいスタッフとして加わります!また皆さんにご紹介しますね!
これからも当館の外国人スタッフの活躍にご期待ください!
 
それでは今日はこの辺で!

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

Dear Rashed san
Thank you so much for working with us!

We discussed so hard sometimes. Haha! But itwas very good learning for me.

You gave me fantastic experience.
I hope your big success in Bangladesh!
 
 
Fujimoto
 
道の駅阿蘇
NPO法人ASO田園空間博物館
 
 

皆さまこんにちは~大変ご無沙汰して申し訳ありません(;´Д`)道の駅阿蘇の酒井です!
今日は一日曇り空でなんだかはっきりしないお天気だった阿蘇。
 
草千里で行われた野焼きの取材に行ってきました。
ぜひ後日ご報告します!
 
じゃあ今日はなんの話をするのかって。。。
昨日行ったサテライト全体会議についてご報告致します^^♪
 
イメージ 2
サテライトとは。。。
阿蘇に暮らす人々(阿蘇びと)が選んだ、阿蘇で特に大切にしたい、後世に残していきたい、自然、景観・風景、歴史・文化のことです。阿蘇谷を一望できる絶景スポットから、可憐な花々が咲きほこる小道、神話・歴史のロマンを伝える神社・仏閣までサテライトに登録されています。
 
そのサテライトの代表、維持管理、普及活動を行う皆さんや地域の区長さん、それから事務局として活動する私たちASO田園空間博物館、当法人の活動に賛同、協力して下さっている正会員の皆さんなどが集結。総勢約100名。
イメージ 3
地元に代々受け継がれてきた伝説を小学生へ伝承する活動を行われた地域や、地域のコミュニティーの充実に向け活動を展開した地域など一年間のお互いの活動を報告してくださいました!

一年ぶりに顔を合わせる方々もいらっしゃるようで、皆さんよい情報交換の場となっていたようです^^
イメージ 4
そこで発表されたのが
阿蘇づくり大賞
優秀賞
田空賞
サテライトを活かしたイベント実施などで、優秀な活動を展開した団体に贈られる賞です。地域の各サテライトからの推薦をもとに運営委員会の厳正な審査により決まります。どの地域も毎年熱心に活動をされているので、決めるのも一苦労だといいます。
そして、今年その栄冠に輝いた地域はコチラ!
イメージ 1
写真左から
阿蘇づくり大賞 
田空賞 隼鷹天満宮
おめでとうございます!
 

ぜひこれからも様々な活動を展開し、阿蘇市全体を引っ張って下さることを期待しています!
 
道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)
TEL0967-35-5088
阿蘇市内の地図はコチラから
道の駅阿蘇は9時~18時まで年中無休!

皆さまこんにちは~道の駅阿蘇の酒井です!
 
今日は平日にも関わらず沢山のお客様をお迎えしております!
ありがとうございます(*^^*)
学生さん?と思しき若いお客様が多いようですね!
ありがとうございます。
 
若い方からご年配の方までおすすめのカフェをご紹介します!
Tien Tien 
イメージ 2
阿蘇神社の近くにあります、阿蘇のお洒落スポットとして人気がある旧女学院跡にあります。
一歩中に入ればそこは別世界!まるでヨーロッパのに来たかのような雰囲気。
イメージ 4
お洒落な雑貨も展示販売されています。

イメージ 1
本格的なカフェオレボールが並ぶ様子だけでも、日常を忘れゆっくりできました。Tien Tienの山田さんはフランスに住んでいらっしゃったそうで、フランスはとっても乾燥するため、次の日にはパンもがちがちに硬くなってしまうそうです。その為現地の方々はパンをカフェオレに浸して柔らかくして食べていたんだそう。
倹約家な国民性から生まれた知恵なんだろうとおっしゃっていました。そんなお話しを伺うだけでフランスに行った気分になりました(*´▽`*)(笑)


ケーキやコーヒーなどドリンクメニューのほか、ランチも楽しめます。

現在3月に発行される当館の無料情報誌「あかうしのあくび」
の取材の為にお邪魔しました♪
お恥ずかしながらモデルコースのモデルとして( *´艸`)
今回一緒に参加して下さったのは、当館でお野菜やお漬物を出展して下さっている佐藤智香さん!
なんと高菜マスタードの生みの親さんでもあります。
期待の若手農家さんです
Tien Tien の山田さんと。
イメージ 3
3月発行のあか牛のあくびをお楽しみに♪

tientien
定休日:水・木
営業時間:11:00~18:00
阿蘇市一の宮町宮地
3204
080-6406-8133

 
道の駅阿蘇(NPO法人ASO田園空間博物館)
TEL0967-35-5088
阿蘇市内の地図はコチラから
道の駅阿蘇は9時~18時まで年中無休!

皆さまこんにちは!藤本です!
先日、道の駅阿蘇にとーってもありがたいお電話が入りました!
 
それは、先日道の駅阿蘇でお買い物をされたお客様からのお褒めの言葉でした。
商品について!
それはあそ有機農園さんが販売していた鴨肉です。
そのお客様曰く、まずは阿蘇で鴨肉を購入できるとは思っていなかったそうです。やはり、熊本、阿蘇と言えば馬肉やあか牛が浮かびますよね。しかしたまたまこの道の駅阿蘇で鴨肉を発見し、「えーっ阿蘇で鴨肉売ってるの!?」と思ったそのお客様は即ご購入されたそうです。もともと鴨肉が好きで、よく食べられる方だそうです。
食べてみて更にびっくり!
「おいしい!なんだこれ!」ってなったそうです。臭みが全然なく、歯ごたえがあってとても美味しかった!とお褒めの言葉をいただきました!こんなにおいしいんだからもっとこれをアピールした方がいいよ!というアドバイスまでいただきました!
皆さま、もうお気づきかもしれませんが、あそ有機農園さんはお米を作っている農家さんです。そう!合鴨農法で!
この時活躍した鴨ちゃんたちがお肉となり、道の駅阿蘇の店頭にならんでいたという訳なんですね~!
 
 
イメージ 1
 
↑この写真は去年の夏に撮ったものなので、今回お電話をくださったお客様が食べた鴨ちゃんはこの中のどれかだと思われます…(笑)
 
私、実はこの時有機農園の山本さんの奥様にインタビューしたんです…
鴨ちゃんたちがお肉になるのはどんなお気持ちですか?と…
 
 
イメージ 2
 
「赤ちゃんの時からうちに来てお世話をするから、はじめはね~『え~お肉になっちゃうの~!』と思ってたけど…でもおいしいんだよね!」って言ってました!(笑)
とても無駄がなく、さらにはお米も鴨もおいしくなる、とびっきりの農法ですね!
 
ただ…やはり知っている人は知っている…この鴨肉…実は既に売り切れてしまっておりまして、次に道の駅阿蘇に入るのは今年のお米が育った後に加工されてからですので、だいたい11月頃になるそうです。
またその時にはブログでもお知らせしたいと思いますので皆さま気長~にお待ちくださいね!
さらにこのお客様、他に買った商品も全部おいしかった!と言ってくださいました。
さらにさらに、道の駅阿蘇以外で阿蘇の人にお会いした時に会う人会う人みーんなが親切だったとの事。阿蘇出身の私もとても嬉しくなりました。
 
道の駅阿蘇には直接関係ないかもしれませんが、回り回って私たちがした行為がどこかでこんな風にお話されているかもしれない。それが今回のようにいいお話だったらとても嬉しいですよね。このお客様にとっては総合的に「阿蘇っていいところだ!」という評価になったそうです。
ありがたいお話です。私もそんな一員になれるよう、また気を引き締めて頑張ろう!と思った出来事でした。
 
 
以上、それではまた会う日まで~
 
 
Fujimoto
 
道の駅阿蘇
NPO法人ASO田園空間博物館

↑このページのトップヘ